PaPa pignol

Yahoo! ショッピング
すこやかで強いカラダをつくる、そう アーモンドがいいね。日本初のアーモンド菓子専門店パパピニョル

PaPa Pignol
南フランスのきびしい岩だらけのがけに、風と戦うように一本の今にも枯れそうなアーモンドの木がありました。アーモンドと言えば畑で農夫に世話をされて一本の木にそれはもう何千個もの実がなるのですが、この木にはわずかに数十個の実しかありません。やせて乾いた周り土はとても固く、たとえその実は落ちても育つことはできないでしょう。
PaPa Pignol
PaPa Pignol

その木の中に、ひときわ大きな実が一つありました。他に比べてそれはもう何倍も大きなアーモンドです。ある冬も近いはげしい嵐の夜に、その実は風にとばされ、幾度か硬い岩にはじかれながら海に落ちて行きました。そして、何日も海の潮に流されて、モンペリエの浜に流れ着いたのです。

気持ちの良い風の吹くお天気の朝に、実は遠くから来た学生に拾われました。なんと大きなアーモンドだろう。彼はそれを胸のポケットにしまいました。学生はパリに戦いに行く途中でした。幾たびか危険な戦いがありましたが、彼は傷ひとつ負わなかったのです。若者はポケットのアーモンドが守ってくれていると感じていました。そして、リヨンに残した恋人の名前をつけました。アーモンドはピニョルと言う名前になりました。

パリの戦いはさらに激しくなり、ついに若者も銃弾をうけて倒れました。病院で神父さまが彼のために祈ります。若者はピニョルを神父さまに託しました。そして貧しい学生の魂は静かに天にのぼりました。ピニョルは神父さまのお守りになりました。

PaPa Pignol

ピニョルはいつも神父さまと一緒に居て、貧しい人、病気の人、多くの困っている人たちを見ました。ある日、もうクリスマスの近い寒い夜に神父さまは病気の子供のために祈りました。子供はとても重い病気にかかっていました。子供の瞳は青く澄み切っていました。神父さまは、ポケットのピニョルを子供にプレゼントしました。これは希望のお守りです。毎日マリアさまに祈りなさい。希望を持ち続けるのです。子供の名前はアドリアンと言いました。その夜からアドリアンは、毎日ピニョルとお話をしました。その子は悪い伝染病でベッドから起き上がれません。周りの人たちも、もう長くは生きていられないとあきらめていました。

PaPa Pignol

しかし、どうでしょう、毎日ピニョルと遊んでいるうちにアドリアンはベッドから起き上がれるようになりました。その頃にはピニョルには、アドリアンが描いた目と鼻と口がありました。二人には約束がありました。病気が治ったら丘の上のマリア様の教会に君を植えてあげる。暖かいふかふかの斜面にね。アドリアンは毎日毎日ピニョルと遊びました。春の暖かさが広がる頃にアドリアンは元気に歩けるようになりました。そして、お母さんと一緒に丘に登り約束どおりピニョルを一番日当たりの良い暖かい土に植えてあげました。

PaPa Pignol

ピニョルは枝を離れて何年も経っていましたが、初めて入った土の中で眠っていた力が爆発。たった数日でピニョルは芽を出しました。そして、ほんの数年で大きな木になりました。それはもう他の木よりも大きな大きな木になりました。春には、きれいな花をたくさんつけて、やがてどんなアーモンドの木よりもたくさんの実をつけました。

アドリアンとピニョルの話を知った村の人は、病気になるとマリアさまの丘にあるその木に願い事をするようになりました。季節を繰り返してピニョルもすっかり老木になりましたが、ピニョルは村の人々にいつまでも大切にされました。そして、かれらはピニョルを尊敬の思いを込めてパパピニョルと呼びました。

PaPa Pignol